キャッシングでお金を借りる

MENU

ネット契約と店舗や契約機の利用のどちらが優れているか

契約の方法が限定されている銀行カードローンは別ですが、消費者金融の場合には様々な方法で契約が行えるようになっています。有名な消費者金融なら来店不要の契約で見てもWeb契約か郵送契約があり、来店をする方法としても店舗か契約機かといった具合に好きな方法で契約が進められます。

 

大雑把に来店不要契約か来店をする契約かのどちらかが優れているかを考えてみることで、希望内容に一致した手続きが行えるかが分かるようになります。それぞれのメリットとデメリットを自身の目で見比べるようにし、契約の際の手続きの進め方をどのようにするか決めましょう。

 

まず来店不要契約のメリットとデメリットを見てみます。来店不要はその名の通り店舗や契約機に行かずに手続きが進められるので、忙しい方でも問題なく契約が行えるのが利点です。近くに店舗や契約機の設置がなくても契約が進められ、銀行振り込みで借りられるために周りに見られないのも利点です。

 

しかし、来店不要の契約の際にはカードの郵送がされてしまいます。郵送物が届くことや、カードの受け取り前に借りるとなると銀行振り込みでの借り入れとなるので曜日や時間によっては当日中の利用が出来ない場合があるのです。

 

対して来店をする契約であれば、店舗や契約機まで行く必要がありますが、銀行振り込みでの借り入れに比べて幅広い時間で当日中の対応を可能としてくれています。急ぎで借りたい場合には来店をしての手続きが良いので、契約機を多く設置している消費者金融の利用を考えてみるのが最適です。

 

契約機の設置数で言えばプロミスが優れたサービスとなり、契約機の設置を見てもプロミス札幌市の契約のように日本全国の各地で手続きが行えるのが分かります。

 

困ったときにスピーディな契約や借り入れが可能となるので、急ぎの際には店舗や契約機を利用する来店手続きを考えてみましょう。